共同輸配送事業

ロジメディカルの共同輸配送

従来の物流では、企業様毎に対応していたことから、トラックの積載効率や運行効率が課題となっていました。
ロジメディカルでは複数社で共同輸配送を実現することにより、物流における効率化の向上を実現しております。

物流は今や現代のビジネス戦略を支える重要な要素のひとつです。
従来の物流とは異なる「共同輸配送」は、企業様のさらなる業績向上に繋がる手段になります。

Good point

共同輸配送のメリット

1、輸配送コスト負担を低減

多頻度小口納品、納入リードタイム短縮、時間指定、多量波動に伴う輸配送コスト負担を低減します。

2、商品供給コントロール

店舗別カテゴリー納品などによる適正な商品供給コントロールが可能です。

3、荷受の効率化

荷受ドックにおける総車輌台数の削減、荷受事務・検品の効率化を実現します。

4、省エネ効果

交通混乱の緩和、排気ガスや騒音の改善など、省エネ効果があります。

通常配送とどう違う?

個別輸配送

積載効率が悪く、運行効率が下がる。

共同輸配送

積載効率が向上し、運行効率が上がる。

Strength

共同輸配送の強み

ロジメディカルの共同輸配送の強み

自動仕分機により様々な出荷形態に対応し、JIT(※)納品を実施。
24時間体制による品質管理の下、高度な配送形態を実現しております。
※JIT(ジャストインタイム):生産のタイミングに合わせて時間指定納入をすること。

温度管理

倉庫内の温度を一定以下に保つ空調を設置し、防塵・防鼠・防虫に効果的な対策をしているため、医薬品物流や化粧品物流に特化しております。

鮮度管理

在庫データに賞味期間期日を持たせ、先入れ先出しは元より、 出荷限度日の指定日数前に警告(出荷限度切迫品データ)を出力できます。また、入荷時点で入荷限度日を過ぎたものは入荷処理ができない仕組みです。医薬品物流や食品物流に特化しております。

専門性の高い機能と
サービスのご提供

鮮度管理・セット品企画品の取り扱いなど、専門性の高い機能とサービスを安価でご利用いただけます。

管理薬剤師の共同雇用

薬粧卸様へは管理薬剤師の共同雇用もご提案・ご利用頂いた実績があります。

在庫データのリアルタイム管理

欠品情報やセンター内の在庫にかかわるデータはリアルタイムにWEBでご覧頂けます。
また、csv形式などでご自由にダウンロードしご活用頂けます。

共同輸配送の事例

【医薬品・ドラッグストア共同輸配送】
配送店舗数:小売店舗含む約2,300店舗

【加工食品共同輸配送】
配送店舗数:小売店舗含む約600店舗

Transport model

ロジメディカルの共同輸配送輸送モデル

共同輸配送モデル